言葉のページ

印象に残った言葉を集めてみようかと思い立ちました。 何気ない一言を深読みしたり勝手な解釈をしております。 Home Back

line
down up
Top
努力は決して裏切らない

高校時代、レスリング部顧問の体育の先生が格技場(第2体育館) に 書いてあった言葉。

高校生の時は「努力すればいつかは必ず報われるんだ」と解釈していました。

でもある時期から「いや、世の中には報われない努力もある、そしてその方が多い」 と考えるようになりました。
結果を出せるか否かが重要であると。
あの言葉はウソだと。

最近、あの言葉はまんざらウソでもないが、 私の高校時代の解釈はやはり間違っていると思うようになりました。
今ではあの言葉は「報われるまで努力せよ」という意味なんだと 解釈しています。
結果を出すまで努力すれば裏切る努力はない、と言うわけ!

雨が降るまで雨乞いの儀式をする、みたいな。。。(^^)


down up
Top
み〜んな、すき。

 ぼくね、おとうちゃんも、おかあちゃんも、のりみつも、
かいなんのおばあちゃんも、 よこやまのおばあちゃんも、よこやまのおじいちゃんも、
ちぃねえちゃんも、もみねえちゃんも、
みうらのにいちゃんも、じんにいちゃんも、やまだのねえちゃんも、 はるなおじちゃんも、
たけだせんせいも、みやしげせんせいも、ましたさんも、Hener も、
うさぎさんも、てるえちゃんも、あやねちゃんも、けいすけくんも、
しもつのおねえちゃんも、しもつのおじちゃんも、しもつのおばちゃんも、
みさきちゃんも、 みさきちゃんのおかあちゃんも、みさきちゃんのおとうちゃんも、
とうきょうのおばちゃんも、さいたまのおじちゃんも、
しおちゃんも、なおきくんも、ななみちゃんも、ひめちゃんも、かほちゃんも、 ゆうきくんも、
み〜んなすき。

当時3歳だった息子が言っていた言葉。 家族・親戚・職場・友人の分け隔てなく、 「み〜んな、すき。」
中でも「のりみつ」は自分のことだから 自分と他人の区別もしないということか。
何とも単純なことが大人には難しいときがある。

国と国の関係もそう。 「み〜んな、すき」が国際理解・世界平和の基本ではないか、
そんなことまで考えさせられた言葉。
ちょっと親バカかな?

line  
Back Home このページの Top へ