Back Home

大阪人間科学大学
数学の原理
公式ホームページ
前期 月 4限・ 5限:平井
2017年度 version

line

模擬試験 試験情報 演習情報 試験データ
評価方法 教材 科目紹介

講義教室庄屋学舎 A701

大阪人間科学大 学生用メールフォーム

line

全国統一模擬試験

PDFファイル 模擬試験問題


数学の原理@ 
数学の原理A

受験者数33名
満点 80点
最高点 75点
最低点 0点
平均点 37.6点
メジアン35点
モード 25点
 
2017年度 模擬試験得点分布
2017年度 数学の原理@模擬試験グラフ

問題番号正答率テーマ
[1]@64% 行列の和・差・積
A48%
B24%
C45%
[2]@82% 2次行列式
A80%3次行列式(最悪でもサラス)
B70%
C67%
D62%4次行列式 (サイズダウン)
問題番号正答率テーマ
[3]@39% 2次の逆行列
A39%3次の逆行列
B 3%3次の逆行列 (性質利用)
[4]@55% 2元1次連立方程式
A32%3元1次連立方程式
B30%3元1次連立方程式 (クラメルの公式)
C14%3元1次連立方程式 (逆行列利用)


数学の原理A 
数学の原理@

受験者数57名
満点 80点
最高点 67点
最低点 9点(2名)
平均点 38.3点
メジアン37点
モード 35点
 
2017年度 模擬試験得点分布
2017年度 数学の原理A模擬試験グラフ

問題番号正答率テーマ
[1]@77% 行列の和・差・積
A44%
B32%
C46%
[2]@89% 2次行列式
A79%3次行列式(最悪でもサラス)
B79%
C66%
D46%4次行列式 (サイズダウン)
問題番号正答率テーマ
[3]@38% 2次の逆行列
A40%3次の逆行列
B 2%3次の逆行列 (性質利用)
[4]@51% 2元1次連立方程式
A36%3元1次連立方程式
B27%3元1次連立方程式 (クラメルの公式)
C13%3元1次連立方程式 (逆行列利用)


下記要領で模擬試験を行いました。

日時 2017 年 6 月 12 日 (月) (遅刻厳禁!)
試験時間 40分 (本試験は 60 分)
満点 80点 (本試験は 100 点)
持ち込み 不可 (本試験でも)
出題範囲 配付資料 p.1 〜 p.19 の計算問題
  • 行列の和・差・積
  • 行列式の値
  • 逆行列
  • クラメルの公式と連立方程式
※ 本試験では模擬試験以降の内容(微分法の基本)や計算以外の問題(例えば 計算多角形や p.13 問15 など)も出題範囲
その他
  • 試験終了後解説及び自己採点を行う (赤ペン持参のこと)。
  • 評価には一切関係しないが、回収し統計処理後返却する。
  • 本試験に全く同じ問題は出題されない。
  • 今後をかなりシビアに占えるので、 万全の姿勢で臨むこと。

Top

line

評価方法

就職内定や私的諸事情などは評価には 一切無関係です。
出席点や平常点なるものは存在しません

Top

line

小テスト・演習情報

定期試験の得点力向上を主たる目的として小テストや演習を課します。

小テスト

実施予定日試験範囲対策・備考
22017.5.29行列式の計算問・練習の特訓
第2回小テスト@グラフ 受験32
平均3.2
最頻5
中央3
最高5(11名)
最小1(7名)
第2回小テストAグラフ 受験57
平均3.6
最頻5
中央4
最高5(19名)
最小0(1名)
12017.5.8計算可能な行列の積問・練習の特訓
第1回小テスト@グラフ 受験34
平均3.1
最頻5
中央3
最高5(16名)
最小0(8名)
第1回小テストAグラフ 受験59
平均3.6
最頻5
中央4
最高5(20名)
最小0(7名)


レポート

レポートを出題することがあったら、ここに掲載します。

※ 授業中に出題され、即日〆切の場合は掲載されません。

Top

line

教材

配付プリントや提示教材をリストする予定です。

パワーポイントファイルは「読み取り専用」で開いて下さい。
このとき、PowerPoint が必要です。 お持ちでない方は下記 Microsoft ダウンロードセンターから ビューワーをダウンロードして下さい。
PowerPoint 2007 Viewer ダウンロードページ

Top

line

科目紹介

Page Top

line

定期試験データ

数学の原理@ 数学の原理A

Top

line

定期試験情報

まだナイショ。(^^;)

Top

line

Page Top