Home

USBワーム格闘記

line

USB ワームは USB メモリを介して感染するコンピュータウイルスの一種 (詳細は トレンドマイクロ HP 参照)。

ある時期からC ドライブをダブルクリックしてもすぐに開けなくなり、 隠しフォルダや隠しファイルが表示されないことに気づきました。

どうやら USB メモリを介してウイルスに感染した模様。 ウイルス名の特定だけでもかなり苦慮しましたが、kavo ウイルスとか mmvo ウイルスと呼ばれるものらしい。 autorun.inf という隠しファイルの中に潜むトロイの木馬だそうです。

これは USBメモリを介して感染し、オンラインゲームの情報を盗むウイルスで、 Checker/Autorun または Win32/PSW.OnLineGames の亜種だそうです。

[症状]

  1. いつからか、C ドライブがダブルクリックで開かなくなっていました。
  2. いつからか、「隠しファイル」を表示できなくなっていました。 レジストリエディタを使っても
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
    という場所の Hidden の値を変更できませんでした。

[対処と経緯]
avast! アンチウイルスソフト (無料) でスキャンすると ウイルス感染した autorun.inf があり、削除してくれました。 この時点で症状1 は改善しました。

ウイルスが削除されても症状2 (後遺症?) の改善に苦労しました。

パソコン困りごと に寄せられたアドバイスを実行しました:

  1. スタート → ファイル名を指定して実行 → msconfigと記入してOK。
  2. スタートアップのチェックをウイルス対策ソフト以外すべて外してOK → 再起動。
この時点ではまだ隠しファイルは見えませんでした。

仕方なく「通常スタートアップ」に戻し、再起動したところ 隠しファイルが見えるようになりました! (ただ、何度か再起動など試行錯誤したので、このタイミングで見えるようになったのかどうか定かではありません。)

ただし、「ツール→フォルダオプション→表示」の 「ファイルとフォルダの表示」は以下のいずれにもマークが付いていません:

○すべてのファイルとフォルダを表示する
○隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない

ここでいずれかにマークを付けた途端、Hidden は 0 になり、 「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」がマークされる状態に戻ってしまいます。

最後に、次のレジストリの値を変更して解決しました:

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
\Folder\Hidden\SHOWALL\CheckedValue
この値が 2 になっていたので 1 に変更。

その後、レジストリの検索をかけるとまだ kavo や mmvo が見つかったので exe (だけでなくよく見ないまま exe でないものも) 削除をしました。 これでようやく一件落着!

予防策として「autorun.inf」という空のフォルダを C ドライブと USB メモリスティック、外付けハードディスクに作成しました。

関連:

line

このページ Top Home