Back Home

化学数学
公式ホームページ
前期 火 3 限:平井
2018年度 version

line

講義教室3-37
常駐場所非常勤講師控え室 (3号館 2階)

試験情報 統一模試 小テスト 演習情報 電子教材
評価方法 試験データ 科目紹介 授業アンケート

甲南大学生用メールフォーム

line

前期試験情報

試験時間 60 分(全席指定)
持ち込み 不可
解答に必要な定理や公式は問題用紙に記載される(模擬試験の時と同様)。
試験範囲 前期内容のすべて (教本全ページ)
傾向と対策

問題配点割合
級数の収束判定・べき級数の収束域・級数展開約 20 点
微分方程式約 30 点
偏微分・全微分・連鎖微分・極値問題・オイラーの定理と斉次関数約 30 点
化学における記法・その他約 20 点

  • 模擬試験小テスト、演習を復習する。 模試に出題されなかった内容の復習も忘れずに!
    ただし、同一問題が出題されるという意味ではない!
  • 式が読めること。化学の分野で用いられる記法にも対処できること。
  • 級数の収束判定や極値問題などにおいて、授業で扱った範囲を超えるものについては出題にそれなりの工夫がなされる。
あとはくじけないこと。

受験心得

わからないまま何とかしようとせず、まずわかろうとせよ。
逃げるな、挑め!

Page Top

line

全国統一模擬試験

↓もう一度解いてみること!↓
模擬試験問題用紙

2018年度データ
2018年度 得点分布グラフ

年度履修者数受験者数平均点最高点最低点中央値最頻値
201871名50名34.66/80点72 (3名)43024
201734名26名41.69/80点7604060

問題テーマ解法正答率(昨年度)
[1](1)線形一次 (右辺 = 0) → 変数分離形 変数分離 → 両辺積分 → y = へ68%(69%)
(2)1階線形 未定係数法, R(x) の形から特解を推定45%(44%)
(3)1階線形(化学記号 ver.) 記号を読み取り前問利用31%(40%)
[2](1)定係数 2階線形の一般解 (右辺 = 0) 特性方程式 (重解)83%(83%)
(2)定係数 2階線形の特解 未定係数法, R(x) の形から特解を推定32%(39%)
(3)定係数 2階線形の一般解 前 2 問利用27%(36%)
[3]級数展開 公式適用20%(40%)
[4](1) 全微分可能性(化学記号 ver.) C1級を示す43%(59%)
(2)全微分 公式適用36%(50%)
[5]連鎖微分 公式適用50%(60%)

対策

模試による復習と模試に出題されなかった内容のチェック
  • 級数・収束判定
  • べき級数・収束域
  • 関数の近似
  • オイラーの定理
  • 極大と極小
※ 特性方程式の他のパターンなども注意

お説教と対策

  • 「演習を出しているから大丈夫」はあり得ない
    演習を提出しているのに模擬試験ができないとはナンセンス。
    演習成績など当てにせず、試験の素点だけで 60点以上を狙うべきです。
    「この問題が実際に出題されて解けるか!?」という気持ちで過去の演習をやり直せ!
  • 全般的に言えることですが、解法に書いている意味がわからないということでしょう。 解法を見ながらでよいからできるためには、解法を読み取る力が当然必要です。
    模試の解説をよく思い起こして、解法に書いてあることから答案の道筋が作れるようにしておくこと。 解法を見ながらこれまでの演習問題ができるか、試しておくこと。
  • 芋づる式に得点、失点
    誘導問題が多いので、まとめて得点できるか大きく失うかです。
    芋づる式に得点できるよう、模試をやり直して満点が取れるようになっておくこと。
  • 解答を覚えず、解法を習得せよ
    模試ばかりやっていると、その問題しかできない。
    本番に全く同じ問題は出題しませんから、 これまで授業でやったすべての問題と向き合うこと。
  • 一人で悩むな
    友人同士で勉強会するのもよい。孤立しないこと。
    個別にアドバイスが欲しい学生は、その旨を明記の上 メール にてご相談下さい。


下記要領で模擬試験を行いました。

日時 2018 年 7 月 3 日 (火) 3 限 (遅刻厳禁!)
試験時間 30分 (本試験は 60 分)
満点 80点 (本試験は 100 点)
持ち込み 不可 (本試験でも)
出題範囲 3.4 オイラーの定理の前まで (教本 p.1 〜 p.19)
(本試験は後日改めて告知)
その他
  • 試験終了後解説及び自己採点を行う (赤ペン持参のこと)。
  • 評価には一切関係しないが、回収し統計処理後返却する。
  • 本試験に全く同じ問題は出題されない。
  • 今後をかなりシビアに占えるので、 万全の姿勢で臨むこと。

Page Top

line

評価方法

就職内定や私的諸事情などは評価には 一切無関係です。

Page Top

line

小テスト

実施予定日試験範囲
42018.6.26

ドリル4.16 っぽい問題から数問

結果データ

 今年度昨年度
受験者5827
平均点3.13.3
最高点5(12人)5(7人)
最低点0(3人)0(2人)
中央値34
最頻値34
正答率(1) 59%   (2) 53%   (3) 84%(1) 70%   (2) 63%   (3) 63%
得点分布

参考: 昨年度(受験者27人) 平均点 3.3点, 満点獲得者 7名
昨年度 村上先生クラス(受験者19人) 平均点 2.8点, 満点獲得者 3名

32018.6.19

ドリル4.14 〜 4.15 っぽい問題から数問

結果データ

受験者52
平均点3.4
最高点5(22人)
最低点0(5人)
中央値4
最頻値5
正答率(1) 84%   (2) 59%
得点分布

22018.5.29

ドリル4.6 〜 4.13 っぽい問題から1問〜数問

結果データ

 今年度昨年度
受験者6029
平均点4.84.0
最高点10(8人)10(10人)
最低点0(11人)0(6人)
中央値54
最頻値010
正答率(1) 52%   38%(1) 52%   (2) 45%
得点分布

参考: 昨年度(受験者29人) 平均点 4.0点, 満点獲得者 10名
昨年度 村上先生クラス(受験者22人) 平均点 5.2点, 満点獲得者 3名

12018.5.8

ドリル4.1 〜 4.5 っぽい問題

結果データ

 今年度昨年度
受験者5829
平均点1.21.8
最高点3(10人)5(1人)
最低点0(16人)0(6人)
中央値12
最頻値13
正答率(1) 39%   3%(1) 51%   (2) 16%
得点分布

参考: 昨年度(受験者29人) 平均点 1.8点, 満点獲得者 1名
昨年度 村上先生クラス(受験者23人) 平均点 3.7点, 満点獲得者 12名

Page Top

line

電子教材

PowerPoint 無限級数
PowerPoint べき級数
PowerPoint 関数の級数展開
PowerPoint 微分方程式の基礎知識
PowerPoint 変数分離形と同次形
PowerPoint 線形微分方程式
PowerPoint 斉次2階微分方程式
PowerPoint 非斉次2階微分方程式
PowerPoint 定係数線形連立微分方程式
PowerPoint グラフとは, 曲面
PowerPoint 微分の自然な拡張 偏微分可能性と全微分可能性
PowerPoint 極大のイメージ
PowerPoint 二重積分 定義と計算

Page Top

line

科目紹介

Page Top

line

Top