Back Home

微分積分及び演習I・II(P)
公式ホームページ
金 1-2 限:平井
2017年度 version

line

講義教室2-24
常駐場所非常勤講師控え室 (3号館 2階)

タイトル 概要 更新日
試験関連 過去の試験データなど 2017/4/2
演習情報 演習〆切、抽選結果など 2017/6/23
勉強部屋 教材、怪答集など 2017/6/23

評価方法 履修心得 授業方法 FAQ 講義予定 授業アンケート

甲南大学生用メールフォーム

line

評価方法

就職内定や私的諸事情などは評価には 一切無関係です。

評価max( 試験素点,   0.8 × 試験素点 + 演習成績 )

試験素点(100点満点) = 定期試験(80点満点) + プレ定期試験(20点満点)

演習成績(最大28点) = 演習 + 小テスト(最大8点)

90 ≦ 評価 ≦ 100
80 ≦ 評価 < 90
70 ≦ 評価 < 80
60 ≦ 評価 < 70
不可 評価 < 60

注意
  • 評価の小数点以下は切り捨て。
  • この評価方法からは、以下のことが読みとれます。

    • 素点 < 40 → 不可 (問答無用!)
    • 素点 = 40 → 演習成績 28 点 必要。
    • 素点 = 50 → 演習成績 20 点 必要。
    • 素点 = 55 → 演習成績 16 点 必要。
    • 素点 = 59 → 演習成績 13 点 必要。
    • 素点 = 60 → 演習成績 12 点 必要。
      (つまり、演習成績は 13 点以上ないと評価上無意味)

Page Top

line

履修心得

  1. できるようになるまで勉強すること
    わからないまま、できないまま何とかしようとする学生が多いです。 評価は 何も足さない、何も引かない がモットーです。 高校までは何とかしてもらってきた学生が多いようですが、 絶対に何ともしません。 努力は、点数をあげてもらうためではなく、 できるようになるためであり、努力の工夫も必要です。 また、人によって適切な学習法も異なるはず。 そういう心がけで勉強すること。
  2. 出席して授業を聴いて理解すること
    出席点はありません。 理論上は前期試験と後期試験を受けるだけで単位を取ることは可能ですが、 身の程をわきまえる こと。
  3. わからない個所を発見すること
    質問に来ても「全部わからない、全部教えて」という学生がいます。 「ここがわかりません。」 と言えるようになるように。
  4. 積極的に質問すること
    メールでの質問も歓迎!
    わからない個所がわかるように、と書きましたが、 だからといって何も質問に来ないのもいけません。 わからない個所がわからなければ 質問しても叱られるかもしれませんが、 それを承知で質問に来る こと。
    また、高校の時のように 試験直前に質問に行って何とかしようというのも 無理! 試験範囲が広いし高校ほど易しくない。 手遅れにならないうちに質問に来ること。
  5. 演習をいっぱいすること
    試験の点数だけで勝負できる人は殆ど居ません。 演習成績は 20 点以上は確保 しましょう。
    また、わからない個所をわかるためにも 問題をたくさん解いてみることです。
  6. ホームページやメールを大いに活用すること
    当公式ホームページはこまめにチェックして、 大いに活用して下さい。
    私の講義はIT 格差が出ます。
  7. 学習方法や個人的な悩み等は相談すること
    努力しているのにできない、 という人も実在します。 こういう人は是非一度ご相談下さい。 メールも活用しましょう。

Page Top

line

授業の流れ

ここに記してある内容は授業の基本パターンです。 成り行きによっては異なる場合や変更もあるのでご了承下さい。

  1. 提出答案へのコメント
    授業の最初に前回の演習について解説します。
    この時間帯はかなり重要です。 出欠はとりませんが、遅刻をすると重要な解説が聞けません。 かなり不利になります。
    教訓:罰則はなくとも遅刻はするな。
  2. 講義の時間
    テキストを基に講義します。
    配布プリント(怪答集)等は こちらのページ からダウンロードできます。 「先週のプリント頂戴」とか言ってきても保管していないので 各自で入手すること。
  3. 演習の時間
    問や練習問題を学生各自が解く時間です。
    時間の都合上、全ての演習問題について解説はできません。 この時間帯を有効に使うように! 個人的な質問もこの時間帯に行うこと。
    演習の提出から採点については こちら

Page Top

line

よくある質問

Q1. 演習の解答は配られないのですか? Q2へ
A1. 配りません。
演習の解答は配りません、というと「ケチ!」とか言われますが、 ケチで結構!
そもそも解答はテキスト巻末の略解しかありません。 私が全問を解いているわけでもありませんし、 解答を用意するつもりもありません。
ともかく、配られた解答を覚えるという、 悪しき習慣から抜け出せない学生が後を絶ちません。 そのような学習方法は高校までで卒業して頂きたい。 覚えているのか理解しているのかを見極めることを モットーに、試験問題も作成しています。
また、一般学生の「生態」として、 解答を手にした途端に勉強しなくなるので、 その理由からも解答は配りません。
自分の解答が正しいか否か判定することまで含めて勉強である ことを知ってください。 難しいことですが「誰かに判定してもらわないと正しいか否かわからない」 状態からも卒業することを目指しましょう。


Q2. 授業で説明しなかった証明は試験に出ませんか? Q3へ
A2. ヒミツです。
授業では殆ど証明をしません。 それよりも定理の意義や使い方に時間を費やします。 証明を行わないのは時間がない (毎週金曜日の 1 限〜4 限まで微積っていうのなら証明までやります(^^;)) だけなので、 勉強する優先順位が低いと考えてください。
まず第一に定理の意義と使用方法を習得した上で 余力のある人は証明も勉強しましょう。
では、試験には出ないのでしょうか? 余力のある人用に出題することがあります。
また、証明問題の全てが余力のある人用ではないので、 「証明せよ」の問題はよく出題しますので 誤解のないようにして下さい。
今年度の試験に出るか出ないかはヒミツです。


Q3. 板書をもっとゆっくりして頂けませんか? Q4へ
A3. これ以上ゆっくりにはなりません。止まってしまいます!
勿論、皆さんがノートをとる時間は意識しています。 でも時間はホント足りません。 それくらい微積分は内容が多くて奥が深いのです。 そのため、板書全てをノートする必要がないように サブノートやプリントを適宜準備するなど心がけています。 また、テキストに書いていることをいちいち黒板に書くつもりは、 まずありません。 説明の都合上、書かざるを得ない時だけです。 (例えば、逆三角関数のグラフなんかは重要ですが、板書しません。)
ついでながら、重要なことは基本的に板書されるんだ、 とも思わないでください。 イジワルではなくて解説の都合上、時間の都合上 テキストに載っている個所を口頭で知らせるだけだったり プリントにまとめたから板書の必要がないと考えていることも 多々あります。
ボーっとノートをとっているだけではサバイバルに生き残れません。 後で授業が復元できるようなノート、 これを心がけ、復元できなかった部分は 勉強部屋 の利用や積極的な質問をして下さい。


Q4. 後ろのやかましい人を注意して頂けませんか? Q5へ
A4. 年度初めに一度だけ注意しておきます!
大教室の座席後方に座り、私語をする者が多いようです。 しかし、いちいち注意していると授業が遅れるので、 皆さんが自ら私語を慎むよう心がけて下さい。
彼らにかまっている暇はありません。


Q5. 数学IIIはどの程度できなければいけませんか? Q6へ
A5. 最低限、教科書等を見ながらできる程度です。
サブノートの付録「前提とする高校数学」 を参照してください。 実際の演習問題との関連も示してありますから、 是非一度解いておくことを 強く推奨します。
授業の説明に最低限のレベルでついていくには 教科書を見ながら公式を使えることです。 覚えている必要はありませんが、 公式を見ながら何度も使って自然と覚えてしまうことが理想です。 原則として公式や定理は試験問題に記載します。 しかし、数IIIの公式まで載せるとは限りませんからね。 そのためにも 演習を手抜きしない でやることです。
前期の内容は数学III と重なる部分が多いので 高校ではわからなかったことが わかるようになったという体験をする学生も珍しくありません。 めげないで頑張ってください。
数学III の教科書や参考書を授業に持参する ことはお勧めです。


Q6. 公式HPは毎週見なくてはいけませんか? Q7へ
A6. 毎週見てね!
公式HPのチェックは強制ではありません。 でも授業で言い忘れたことや 時間が足りなくてできなかったこと、 その他授業で扱えない事柄のフォローをする目的で作成しています。 演習の抽選結果の詳細などは授業中に知らせる時間はありませんから HPを見て頂くしかありません。
要するに情報を能動的に入手するか 受動的でいるか、という問題ですから 毎週チェックするか否かはあなたの判断です。


Q7. メールは大学から送らなくてはいけないのですか? Q8へ
A7. そんなことはありません。
メールは携帯からでも、どこからでも OK です。 自宅にパソコンがあればそこで使っているメールアドレスから 送信して頂いて構いません。 ただし、返信は基本的に 送信した場所へ返信します。 そのため、試験データなどは携帯で受信しても途中で切れてしまったり、 添付ファイルがあったりすると開くことができません。 理想的には 大学のパソコン、自宅のパソコン、携帯を自在に 使い分られる ことでしょう。 自動転送などの IT 技術も駆使して、便利なように行って下さい。 そのような方法を知りたい方は 情報教育研究センター (2 号館 3 階 232) または私まで相談して下さい。


Q8. どんな内容のメールを送ってもいいですか? Q1へ
A8. ぜ〜んぜん、No problem です!
ただし、 誹謗中傷やネチケット違反の内容は無視 します。勿論ウイルスなんかも送ってこないで下さいね。 信頼関係が成り立たなくなると、 このような便利な手段も廃止せざるを得なくなりますから。
また、メール本文には
  • 大学名
  • 当該科目 (「微分積分及び演習」)
  • 学籍番号
  • 氏名
を明記してください。 (シグネチャとして設定するといいと思います。) 特に上記太字の項目がない場合、 (返信しようにも誰のことかわからなくて) 無視してしまう場合があります。
微積分の内容ばかりでなく、 コンパのお誘い、恋の悩みなどなど何でもどうぞ。 (内容によっては返信の優先順位が上下しますが、ご理解のほどを。)

Page Top

line

講義予定

Page Top

line

Page Top