Back Home

解析学 I・II (B)
公式ホームページ
火 1 限:平井
2018年度 version

line

講義教室2-22
常駐場所非常勤講師控え室 (3号館 2階)

試験情報 プチ模試 演習情報 電子教材
評価方法 試験データ 科目紹介 皮算用 授業アンケート

甲南大学生用メールフォーム

line

前期試験情報

LOOK! 重要なレポート 提出者一覧 LOOK!

試験時間 60 分(全席指定)
持ち込み 不可
解答に必要な定理や公式は問題用紙に記載される(プチ模試の時と同様)。
重要レポート 提出者 には そのコピーが返却される。
試験範囲 前期講義内容 のすべて (サブノート p.1 〜 p.20)
傾向と対策
  • 過去の演習プチ模試解析学 (B) 演習帳 を復習する。
    ただし、同一問題が出題されるという意味ではない!
  • 真偽表は全問正解すること。
  • 否定・対偶・同値などの完全理解。
  • デデキント切断も全問正解を狙うこと。
  • 日本語→論理式、論理式→日本語が不自由なく行えること。 断片的な知識では通用しない。
    例えば合鍵的存在とマスターキー的存在の違いを把握できているか。
  • 基礎的なε-δ論法 (ε-N 論法) による証明ができること。
  • サブノートの空所補充を論理式の問題として練習しておくこと。
  • 実数の連続性についてお話を理解しておくこと。
あとはくじけないこと。

受験心得

わからないまま何とかしようとせず、わかろうとせよ。すなわち、
観念して試験勉強しなさいっ!!

Page Top

line

前期全国統一プチ模試

PDF プチ模試 (← 学習にお役立て下さい。)

受験者数 37名
最高点 43点
最低点 4点(3名)
平均点 25.86点
メジアン 28点
モード 33点
2018年度前期プチ模試グラフ

下記要領でプチ模試を行いました。

日時 2018 年 7 月 10 日 (火) 1 限 (遅刻厳禁!)
試験時間 30分 (本試験は 60 分)
満点 50点 (本試験は 100 点)
持ち込み 不可 (本試験でも)
出題範囲 サブノートp.1 〜 p.19 (本試験はサブノートp.1 〜 p.20 及びすべての前期授業内容)
その他
  • 試験終了後解説及び自己採点を行う (赤ペン持参のこと)。
  • 評価には一切関係しないが、回収し統計処理後返却する。
  • 本試験に全く同じ問題は出題されない。
  • 今後をかなりシビアに占えるので、 万全の姿勢で臨むこと。

Page Top

line

評価方法

就職内定や私的諸事情などは評価には 一切無関係です。

評価max(素点 ,   0.8 × 素点 + 演習成績)

ただし、旧カリ解析学(B) 受講者の素点 = (前期試験素点 + 後期試験素点) / 2

90 ≦ 評価 ≦ 100
80 ≦ 評価 < 90
70 ≦ 評価 < 80
60 ≦ 評価 < 70
不可 評価 < 60

注意
  • 評価の小数点以下は切り捨て。
  • 演習成績は28 点満点換算
  • この評価方法からは、以下のことが読みとれます。

    • 素点 < 40 → 不可 (問答無用!)
    • 素点 = 40 → 演習成績 28 点 必要。
    • 素点 = 50 → 演習成績 20 点 必要。
    • 素点 = 55 → 演習成績 16 点 必要。
    • 素点 = 59 → 演習成績 13 点 必要。
    • 素点 = 60 → 演習成績 12 点 必要。
      (つまり、演習成績は 13 点以上ないと無意味)

Page Top

line

電子教材

PDF PDF ファイル
PowerPoint パワーポイントファイル (「読み取り専用」を選んで下さい)
FunctionView FinctionView ファイル

パワーポイントファイルは「読み取り専用」で開いて下さい。
このとき、PowerPoint が必要です。 お持ちでない方は下記 Microsoft ダウンロードセンターから ビューワーをダウンロードして下さい。
PowerPoint 2007 Viewer ダウンロードページ
グラフの表示など講義で使っている CG ソフトは以下のものです。
高機能関数グラフ表示ソフト FunctionView (フリーソフト)
作成者: 和田啓助 先生 (群馬県立桐生工業高等学校数学教師)
上記ソフトをインストールすれば授業で扱ったグラフも見ることが可能です。

PDF 解析学 (B) 演習帳
PowerPoint ∀と∃と否定
PowerPoint 合い鍵とマスターキー
PowerPoint 限りなく・・・
PowerPoint ε-δ論法
PowerPoint 平均値の定理とTaylor の定理

Page Top

line

科目紹介

Page Top

line

Top